ローソク足の三羽烏の解説

この記事は、下記の人へ向けた内容となっています。

こんな悩みを解決

  • 三羽烏の基本的な形を知りたい
  • 実戦での使い方が分からない
  • 投資家心理が知りたい

記事を読むことで、三羽烏の基本的な形と実戦での使い方を学ぶことができます。

また、独自解析ですが、ローソク足の並びから中波動での応用方法も公開しますね。

実際に私が行っているトレードでは、ローソク足が重要な指標の一つということもあり、日々研究しているので濃い内容をお話しできると思ってます。

基本

ローソク足の三羽烏の基本の形

三羽烏の特徴は、長い上昇トレンドからのもみ合い天井で出現することが多く、上昇後、三本の陰線が重なって出現した状態です。

いわゆる赤三兵の逆の形と効果と言えますが、上昇と下落の投資家心理の違いから出現しやすい箇所が変わってくるので、単純に逆と考えないほうが良いというのが私の結論です。

三羽烏の形にはポイントがあって、1本目の陰線は、前日のローソク足の引けより下で寄り付いていることです。

三羽烏の当日前日の弱いローソク足の並び

この条件を満たさないと、初心者の人なら上昇トレンドの押しを三羽烏と見誤ってしまうことがあります(私も初めはそうでした)。

後で応用を解説しますが、1本目の陰線と前日の陽線ローソク足の位置関係が絶妙で、この2本だけで、かなり弱いことが想定されます(分からないところで何か起こった⇒一般に知られていない先行情報が投資会社に入ったとか利益確定のため先行して大口投資家が利食いしはじめたなど)。

もう一つ重要なポイントがあるのですが、実際は、三羽烏のようなきれいな形で三本陰線が出ることはほとんど見られないことです。

実際に見られる三羽烏の形

実際には、上のように陰線が重ならず窓を開ける場合が多かったですね。

こちらが元のチャートから抜いてきたもので、基本の形はこれを元に創作したものです。

では、この三羽烏をどのように実戦で使っていくのか分析した結果をお話ししていきますね。

実戦での使い方

まず、基本的な意味として三羽烏は、上昇後に下落へ転換するときに出現するとあります。

私が分析した結果、三羽烏が出現しやすい上昇というのは、3ヵ月以上の長期上昇でした。

長期上昇トレンドから下落トレンドへ転換するときは、①暴落②一旦下落して前の高値まで届かず下落③もみ合い後下落の3パターンが基本と考えられます。

どのパターンでも三羽烏が出現した後(出現数は少ない印象)、一旦戻して再び下落することが多かったですね。

三羽烏が出現のチャート例①
(上昇後、もみ合いなしで下落したパターン)

上のチャートは、もみ合いなしで三羽烏出現した後、いきなり下落したチャート例です。

一旦戻して下げたところというと、右側の赤丸になるのですが、25MAにぶつかっているので、非常に空売りが入れずらいシーンでもあります。

ここで、空売りを入れるとするなら、”トレンドラインを割っての三羽烏出現”・”週足での2番天井っぽい箇所(左側の下で軽く200MA割っているのでまだそんなに上昇が強くないと見る)”あたりですかね。

結果的には、右側の200MAではじいているので、超長期的には上昇の可能性もありますが、短期的には利益を上げられます(難しいですが)。

三羽烏出現チャート例②
(上昇後、ややもみ合って予想レジスタンスラインに届かず下落したパターン)

このチャートでは、三羽烏出現前にエントリーして三羽烏出現で精神的ゆとりを持ってキープできたパターンです。

1本目の陰線では、三羽烏かどうか分からないのですが、宵の明星っぽい雰囲気でエントリー。

2本目でデットクロス完成なので追加売りしています。

結果的に、三羽烏が出現したパターンですが、初心者だと三羽烏を躍起になって探したが出現した時には、かなり下落していてエントリーを見送るというパターンもあるでしょう。

出現前に他の指標でエントリーして、出現したら気持ち的に楽にキープができるというパターン(発想の違い)もあるんで、そういう考え方を覚えておくと他の売買にも役に立つと思います。

もみ合いや下落トレンドでの応用

三羽烏は、上昇トレンドの中でも下落幅が大きいことが見込まれる大きな相場の後で出現しやすいのですが、中波動を繰り返しながらゆっくりと下落する場面、もしくは下落後でのもみ合い相場(比較的ボラティリティがあるもみ合い)でも応用が利くと思っています。

ただし、中波動で三本の陰線を待っているとエントリーが遅すぎるので、少し応用して分析した結果、基本の項目でお話ししたローソク足の並びが役に立つことに気づきました。

三羽烏の当日前日の弱いローソク足の並び

三羽烏の初動となるこの形ですが(左は陽線であれば小陽線でなくてもよい)、中波動の山あたりで出現したら思い切ってエントリーしてみるとかなり上手くいく場面が多かったので、一つのエッジとなるということでした。

下落トレンドでの三羽烏応用チャート

緩やかな下落トレンドの山の頂上では、あとから見れば空売りを入れておけば簡単にとれたと判断できるのですが、いつでも大きく跳ねる憂いがあるので、中々エントリーできないのではないでしょうか?

ところが、この2本線を調べたところ優位性が確認できたので、多くの場合下がることから、損切ラインを決めた一発売り戦法でも上手くいくと思います。

なお、酒田罫線法を起源とするローソク足の基本的な動きや形は、その本質について理解していないと実践ではほとんど活かすことができないでしょう。

残念ながら、マイナスに作用することも多々あります。

ローソク足の本質と正当な酒田罫線法、そしてその弱点をカバーした売買法については、私のnoteで公開していますので参考にしていただければと思います。

noteローソク足の本質と酒田罫線法を使ったオリジナル売買法【株式投資】

以上、ローソク足の三羽烏の解説でした。

人気記事株式投資の手法公開【普通の人が地味に利益を上げ続けるやり方】