ローソク足の毛抜きを解説

この記事は、下記の人へ向けた内容となっています。

こんな悩みを解決

  • 毛抜きの基本的な形と意味を知りたい
  • 毛抜き底や天井の実戦での使い方が分からない
  • 投資家心理が知りたい

記事を読むことで、私が行った毛抜き底と天井の分析結果から実際にエントリーする際のコツが分かります。

実際に私が行っているトレードでは、ローソク足が重要な指標の一つということもあり、日々研究しているので濃い内容をお話しできると思ってます。

毛抜きは、底と天井の大体のあたりをつけた後に出現した時にエントリーの決め手とすることで、初動を捉えることができる形です。

天底のあたりをつけるには、株価の流れの読み方について理解する必要があるので、これから株式投資やFXに挑戦しようとしている初心者さんは下記の記事を読むことで理解度が増すと思います。

基本

酒田五法の毛抜きには、天井と底を暗示する形があります。

毛抜き天井

毛抜き天井のローソク足の形

毛抜き天井は、前日の高値と当日の高値が同じ状態で、2日とも上ヒゲが出ているローソク足の並びを言います。

天井と言うと、大相場のすっ天井をイメージしがちですが、天井圏のもみ合いの天井や中波動での2番天井でも出現します。

ちなみに、ローソク足の実体の長さに定義はないのですが、天井圏では値動きが激しいことから上図のような実体の長いローソク足で毛抜き天井を覚えておくと実戦的だと思います。

下げに転じるわけですから、陽線⇒陰線で毛抜き天井成立といった場合も多いですね。

しかし、必ずしも大陽線・大陰線で成立するとは限りませんので、あくまで前日と当日の高値とヒゲが並んでいるかで判断しましょう。

私の予想ですが、 投資家心理・行動としては、マーケットにそろそろ利益確定したい投資家が増えていて、前日の高値を目標に指値で利確設定をしている投資家or大口投資家の強い売り圧力で前日の高値を越えられず、下げてきて始値を割ると、短い時間で取引をするスペキュレーターたちの損切りや空売りによる売り圧力で陰線形成といったところでしょうか(あくまでテクニカル判断)。

実際、こういった予想はあまり意味をなさないのですが(単純に金持ちの息子が指値で利確しただけの可能性もある)、覚えやすいのでこういう場合もあるなみたいに思ってもらえるといいと思います。

重要なのは、この形がでたらこういったエッジ(優位性)があるということを学んだり分析したりすることです。

毛抜き底

毛抜き底のローソク足の形

毛抜き底は、毛抜き天井とは逆で、前日と当日の安値が下ヒゲで揃っている形を言います。

長い下落の中では、 フェイクで出現する場合もあるので、移動平均線やアノマリー的な日柄と合わせて、エントリーするなら最後の決め手の指標として使うといいと思います。

上図では、コマや小線で例を出しましたが、底値圏の動きは、暴落をのぞけば売る人が少なくなってきてることから、値動きが比較的緩やかになりがちです。

そういった理由もあってか、小さいローソク足で毛抜き底が完成することが多いので例としました。

実戦での使い方

前提として、日経平均株価を表したチャートでは、きれいに動きすぎて毛抜きの出現がほとんど見られなかったので、分析するときは、個別銘柄を使うといいでしょう。

ただし、CFDの日本225株価指数のチャートでは、実際に商品として取引されているのと日経平均株価(9:00~15:00)より取引時間が長いので{8:30〜翌7:00(夏時間の場合は、8:30〜翌6:00)}1日の値幅変動が高く毛抜きも出現しやすくなっていました。

もう一つ、毛抜きの定義は、前日と当日の高値や安値のヒゲが同価格でしたが、実践的には多少ズレる場合が多かったです。

逆に、きれいに株価が同じという場合は、ほとんど見られませんでした。

天井圏

毛抜き天井のチャート例
(ファーストリテイリング2006/7/28~2006/11/10)

基本でもお話ししたとおり、天井圏は値動きが激しいことが想定されるので、きれいな毛抜き天井出現というより、他の酒田五法の形と重なって現れる場合が多い印象があります。

特に、抱き線や首吊り、宵の明星に似た形と一緒に出現したら天井を疑ってもいいでしょう。

底値圏

毛抜き底のチャート例
(パナソニック2001/8/1~2001/10/29)

じりじりと下がる長い下落トレンドの場合、一旦の底値を捉えるのは意外と簡単で、ローソク足が横並びで実体の安値やヒゲの安値が大体同じ価格になるときです。

しかも、ローソク足の実体が小さくなってくるんですね。

もちろん、そのようなシーンで毛抜き底出現で買いエントリーが可能です。

ただ、毛抜き底の形にこだわるのではなく、分析のとき、現在の株価の位置で下値が揃い始めたらどうなんだろう?みたいに見ていくと、もう少しボラティリティが高い場面でも応用が利くようになってくると思います。

なお、酒田罫線法を起源とするローソク足の基本的な動きや形は、その本質について理解していないと実践ではほとんど活かすことができないでしょう。

残念ながら、マイナスに作用することも多々あります。

ローソク足の本質と正当な酒田罫線法、そしてその弱点をカバーした売買法については、私のnoteで公開していますので参考にしていただければと思います。

noteローソク足の本質と酒田罫線法を使ったオリジナル売買法【株式投資】

以上、ローソク足の毛抜きについての解説でした。

人気記事株式投資の手法公開【普通の人が地味に利益を上げ続けるやり方】