ローソク足のカラカサとトンカチ

この記事は、下記の人へ向けた内容となっています。

こんな悩みを解決

  • カラカサ・トンカチの投資家心理が知りたい
  • 基本的な意味や形が分からない
  • 実戦的な使い方が分からない

カラカサやトンカチが実戦的にチャートのどのあたりで有効なのかを知ることができるのでトレードに役立てることができると思います。

具体的には小波動の転換・中波動の転換示唆・大波動での見極め方の精度が上がります。

実際に私が行っているトレードでは、ローソク足が重要な指標の一つということもあり、日々研究しているので濃い内容をお話しできると思ってます。

前提条件として、株価の流れや波動についての知識があると分かりやすいので、もし内容が分かりづらかったら下記の記事から読み始めると理解が高まると思います。

基本

カラカサとトンカチは、値動きが小さくなってきてることから、投資家に迷いや様子見感があるコマ(極線)と同じ心理状態と考えることができます。

しかし、 ヒゲが長いことから、 通常のコマと違って迷いや様子見の中でも偏りがあると見ることができるので、上手くトレードに利用できる場合があると私は考えています。

まずは、カラカサとトンカチの基本的な特徴を抑えておきましょう。

カラカサ

ローソク足のカラカサ

カラカサの特徴は、陰線陽線関わらず、ローソクの実体が小さく長い下ヒゲが出ていることです(傘のような形だから覚えやすいですね)。

陰陽ともに、しばらく下落した後に出現すると、底を暗示するローソク足であり、上昇後の窓を開けた陽線のカラカサ出現は、あとで解説する首吊り線となり天井を暗示するのが基本的な考え方です。

下落後にカラカサが出現した時の投資家の行動は、場中に大きく売られたが大引けにはそれを吸収する買いがでてきたことを表しています。

後で解説するたくり線のように窓を開けた後、カラカサがでる形でなければ、即転換とまでは中々行きませんが、私の場合、そろそろ下落が止まってきたのかな?と読んでいます。

逆に、上昇後の出現の場合は、一旦大きく売られた押しか、かなり大きく上昇した後なら近日中の下落への転換を疑いますね。

ちなみに、ローソク足の実体がなく一本線の場合はトンボと呼ばれています↓

十字線のトンボ

左側は、カラカサと違って上が少しはみ出していますが、それもトンボと呼ぶそうです。

中々でない形ですが、カラカサと似たような動きになることが多いですね。

トンカチ

ローソク足のトンカチ

トンカチは、カラカサと全く逆の形で、小さいローソクの実体に長い上ヒゲがでた形です。

天井圏か上昇後の一旦の押しに出現が多く相場の転換を暗示しています。

しかし、大きなトレンドの天井圏は基本的に値動きが激しいので、トンカチが出現する場合でも、かなり長いヒゲだったり、上ヒゲの大陰線や単純に大陰線とかコマや十字線の連続だったりすることが多いです。

底値圏でもたまに出現しますが、酒田五法の組み合わせでは形が見つかりません。

はらみ線の右側がトンカチの場合はいったん上昇することもあります。

(三和HDのチャート)

最近のチャートですが、こんな感じでトンカチっぽいはらみ線で転換する場合もありますよ。

ちなみに、トンカチの実体がなく一本線の場合は、 トウバと呼ばれています↓

十字線のトウバ

トウバは、出現数が少ないですが、トンカチと似たような動きをします。

酒田五法での組み合わせ

ローソク足のカラカサは、複合線が出た場合、より強力となるので以下の2つを覚えておくと役に立つと思います。

たくり線

酒田五法のたくり線のチャート例

たくり線は、底を暗示する並びで、しばらく下げてきた後、窓を開けて寄り付き陰線のカラカサ(陽線でもいけると思います)が出現した状態です。

しばらく下げた後、さらに大きく下げて寄り付いたのに、大引けでは長いヒゲをつけたことから、売りが終わり買いが入ってきたと考えることができます。

私の場合、ここで打診買いをしておき、次の日に陽線がでたのなら追加買いをしています。

きれいなカラカサではなく、少し上にヒゲがでてるようなローソク足でも似たような動きをすると個人的には分析してますね。

首吊り線

首吊り線のチャート例

しばらく上昇した後、窓を開けて寄り付き陽線のカラカサが出現した状態を首吊り線と呼びます。

場中に大きく売られたが戻した状態なのですが、上昇しているのに売りが出はじめた状態なので、次の日以降に下げるようなら転換の可能性を疑う場面です。

実戦的には、上のチャートのようなきれいに転換する首吊り線は少ないですが、首吊り線出現後、数日もみ合ってから下落するパターンもあるし、カラカサではなく、上ヒゲが少し出たローソク足で転換する場合も確認できています。

上昇局面で窓を開けてカラカサが出現したら、その後の動きに注意ですね。

実戦的な使い方

周りの指標と合わせると非常に効果的でカラカサ出現した時点でエントリーが可能になる場合も多々あると思ってます。

トンカチとカラカサで転換したチャートの例

(赤〇は転換した、青〇は転換しなかった)

上のチャートは、暴落後のもみ合いチャートですが、チャート真ん中より左側の中波動の中の終値を中心とした小さな波動の中では、トンカチやカラカサなどそれに準じたローソク足の細かい転換が確認できます。

これを利用することで1日から4日程度で細かく利益を積み重ねることが可能になりますね。

ところが一旦大きな波動に乗ると(チャートの真ん中より右)転換するときとしない時が多く混じってきます。

大きな波動を見極めるには、移動平均線の5と25、そして50の絡みや日柄でそろそろもみ合いが終わるのではないかと予想立てていく必要があります(これが難しいのだが)。

こういった特徴は、他の場面でもよく見られるので自分で分析してみるといいですよ。

なお、酒田罫線法を起源とするローソク足の基本的な動きや形は、その本質について理解していないと実践ではほとんど活かすことができないでしょう。

残念ながら、マイナスに作用することも多々あります。

ローソク足の本質と正当な酒田罫線法、そしてその弱点をカバーした売買法については、私のnoteで公開していますので参考にしていただければと思います。

noteローソク足の本質と酒田罫線法を使ったオリジナル売買法【株式投資】

以上、ローソク足のカラカサとトンカチの解説でした。

人気記事株式投資の手法公開【普通の人が地味に利益を上げ続けるやり方】