株式投資の決算またぎの対策

この記事は、下記の人へ向けた内容となっています。

こんな悩みを解決

  • 株式投資で決算短信後の株価が乱高下する理由が分からない
  • スイングトレードでの決算またぎの対策がしたい
  • 決算後の株価の乱高下でいつエントリーすればいいか分からない

記事を読むことで、スイングトレードで決算をまたいで株を保有していることのリスクを認識できるので自分のトレードに合った戦略を練ることができます。

実際に、私がトレードするときもファンダメンタル指標の一つとし銘柄選びの際に4半期ごとの決算短信の日を必ず確認するようにしています。

その結果、株価の乱高下による不測の損失を被らないようになりました。

しかし、初心者の場合、色々なニュースを見ているうちに決算をきっかけで株が急騰するかもしれないといった誘惑に負けてエントリーしてしまうかもしれません。

その結果、株価が逆に動いてしまって大損害を被ったり、たとえ急騰して儲かったとしても悪い成功体験がついてしまうので、長く安定して稼ぎ続けることが難しいでしょう(いつか壊滅的な損害を受ける)。

これは、 投資ルールを守るという鉄の掟をつい破ってしまうメンタルの甘さにあるのですが、決算またぎのリスクについてしっかり理解しておくことで、メンタルの弱さをカバーすることができます。

インサイダーでない限り決算の内容は分からない!

決算発表の内容を投資家が知ることができるのは、当然ながら決算が発表された後になりますね。

思いもよらない収益のプラスであったり、意外と利益が伸びなかったりすることがあると思います。

また、経営にとってプラスになるサプライズ的な情報や逆にマイナスになるアンチ情報が発表される可能性もあります。

それらの正確な内容は、会社情報をすべて把握している内部の一部の人間にしか分からないですね(その人たちと親族は株取引ができない)。

そして、決算が終わり株価が動き出すと市場の予想と決算内容を比べて、株価の動きを分析したようなニュースが流れますが、決算結果が予想通りだから株価は変わらなかった、予想以上だったから株価は急騰した、予想以下だったから株価が下落したといった報道が流れ、決算内容を予想できれば一儲けできるのではないかといった誤解が生まれるかもしれません。

しかし、それはやはり誤解なのです。

なぜなら、決算は好調だったが成長はここまでとみられて株価が下落した、決算は予想通りだったが○○の内容に投資家は失望して株価が下がった、決算は減益だったが○○という新商品発表によって株価が急騰したなど、結果に応じて理論をすり替えられることもできて、実際にそのようなマーケットニュースが流れるからです。

まとめると、決算内容は企業内部のものしか分からないので予想して株を購入するのは危険だし、次に解説しますが、予想通りだとしても期待通りに動かないことが多いということです。

そして、”分からない”ということが分かっているのに投資やトレードをしてはいけません。

決算発表で様々な思惑が働く

決算発表後の株価の動きとして一つ分かっていることがあります。

それは、発表翌営業日(15:00発表が多いので)に株価が大きく動くことがあるということです。

これは過去のチャートを見れば分かる、ゆるぎない事実です。

考えられる理由は、決算というイベントに対して、投資家がなんらかの反応をしているということ。

なんらかの反応の理由は、アナリストたちが様々な結果論を述べますが、本当のところ分からないが正解です(これは断言できます)。

なぜ、断言できるかというとそれがトレードや株価の動きの本質だからです。

その日の企業の株価を決めるのは、その日にその企業の銘柄をトレードしたすべての投資家一人一人になぜ買ったのですか?それとも売ったのですか?と聞いて回らなければいけないし、たとえそれが聞けたとしても誰もが自分の意志通りにトレードできているとは限らないのでどうして株価がその価格に収まったかは分からないのです。

つまり、会社の決算内容は予測しても意味ないし、予測が当たっていたとしても株価が予測の結果通りに動くとは限らないので、決算をまたいだトレードは控えるというのが私の結論です。

投資ファンドのプロのトレーダーたちもそのことをよく知っていて、決算発表は魔物だと比喩しているらしいですよ。 

実戦編

ここからは、決算後にどのようにトレードをするのか解説していきますね。

アサヒグループホールディングスの2018年5月18日以降のチャートから考察
(アサヒグループHD 2018/5/8前後のチャート)

上のチャートは、アサヒグループHDの2018年5月8日の決算発表後の株価の動きを表したものです。

決算発表翌営業日に株価は大きな窓を開けて急騰しましたが、その2日後にピークを付けて下落に転じました。

株価は9ヵ月経った2019/2/20現在も回復していません。

決算書を見てみると四半期利益が前年比433.8%で他の数値もかなり爆騰といった印象を受けました。

しかし、3日後にピークを付けてその後だらだらドカンと大幅に株価は下がっていきます。

このように不測の損害が被る可能性があるので決算を判断にトレードをするのではなく、決算を見守ってその後の株価のトレンドが把握できるようになってからエントリーするというのがスイングトレードのポイントです。

逆に、上昇トレンド中の決算発表翌営業日に逆襲線が出た時なんかは、損切ラインを決めてエントリーしてみるなんて戦略もありかもしれないので一概に全く使えないという訳ではないかと思います(その場合も決算を決め手としたエントリーでなく、決算をきっかけとしたその後の動きでエントリーする)。

決算またぎのスイングトレードでの対処法のまとめ

元々株価が決まる理由なんて後付けでも分からないのだから、多くの人が重大な判断して投票する決算発表日をまたいで保有するメリットがない(乱高下すると分かっていてエントリーしているのはギャンブルであり長い目で見ると安定性に欠ける)。

もちろん、決算発表後、今までのトレンドに沿った流れのまま動いて乱高下しない場合もありますが私はエントリーしません。

だから実際に銘柄を選ぶ際には、決算発表日をまたいで株を持たないようにするため年4回の発表に注意をしてエントリーしていますね。

私の場合は、 監視銘柄で決算発表日が近いものは必ずメモをしてデスクの前に置いています(絶妙なエントリーポイントだと間違えてエントリーしてしまう恐れがあるので)。

決算発表日後株価が乱高下した場合は、トレンドが見えてくるまでその銘柄に手をかけないようにします。

上昇トレンド中に逆襲線がでたなら再エントリーを検証しても良いかもしれません。

以上、株式投資のスイングトレードで決算またぎの対策でした。

人気記事株式投資の手法公開【普通の人が地味に利益を上げ続けるやり方】