株式投資の手法

この記事は、自分に合った株式投資の手法を探している人や勉強しながら投資しているけど、トータルでプラスが出せず、本当に今のやり方で良いのか悩んでいる人向けに書きました。

私の手法は、下記のようなスタイルを希望する勉強熱心な性格の人と相性が良いです。

こんな人と相性が良い

  • 努力が報われる投資手法を学びたい
  • 長期の配当投資より利回りが高い方がいい
  • できれば将来専業を目指せるようなやり方がいい

総資金が100万円から5,000万円以下の人が長期の配当狙いより高い利回りを実現する方法です。

さらに、5,000万円以上の余裕資金がある人は、長期投資を合わせると安全度が増します。

将来、5,000万円くらいの資金をキャピタルゲイン専用にして、残りの余裕資産を長期投資に回しインカムゲインを得るようにするといいと思います。

億トレーダーといった言葉に憧れるかもしれませんが、本当に資産が億単位あるなら、すべてをトレードにあてるリスクを冒す必要が全くないですからね。

前提として、私のやり方は、短中期売買だけど派手さはなく地味で堅実であり、ギャンブル的ではなく仕事としての売買を心掛けているので、億り人の話が大好きで夢見がちな初心者や証券会社の情報や流布本、アナリストやエコノミストに影響されきってしまったアマチュアの”あてもの投資家”からのウケはものすごく悪いです。

よって、なぜこの手法に至ったかということが分からなければ、サッと目を通して終わりになるでしょう。

だから、本文では、回りくどくはなりますが、株式投資で失敗しやすい方法と成功しやすい方法(この中に私の手法がある)から順にお話しして、最後に実際の相場でお金を張っている私のやり方を解説していきますね。

しかし、私の手法を含めて成功しやすい方法を強制しているわけではありません。

あくまで、私の経験や勉強、検証から得られた事実なので、一つの判断材料にしていただければと思います。

また、世間では危険視されている空売りも使います。

理由はシンプルで、過去のチャートを見れば分かるのですが、株の値動きは、上げと下げを繰り返しているからです(だから危険もくそもありません)。

本来、空売り制度は、長期投資家の値下がりリスクを回避するために制定されたものですから使わない手はありません。

売買銘柄は、日本の東証一部の優良個別株(日本を選んでるのは単純に取引手数料が安いからで東証一部の優良銘柄は倒産しづらいから)の中から選んで固定しています。

先行指標でありファンダメンタルズの影響を受けやすいCFDは取引しません(チャートだけを見るので)。

上の条件を満たしているなら、選定銘柄はなんでもよいのですが、きちんと上げ下げして(うねりをつけやすい)少数のマーケットの強者による影響を受けづらい出来高の多い銘柄(1日100万以上)を選定しています。

投資手法は自分が納得しないと使えない

株式投資の手法は、自分が研究して実践で経験を積み、努力次第で上手になる再現性のあるものでなければいけません。

なぜなら、自分が納得していなければ必ずブレるからです。

そのブレは、たとえばツイッターで億トレーダーのつぶやきを見た時、たとえばYouTubeで権威性の高い人が次々と予言を当てていったとき、そのときあなたが株式投資で上手くいっていなければ必ず起きるでしょう。

せっかく、努力次第で上手くなれる再現性の高い自分専用の手法を身につけようと頑張っていてもブレて他の情報に影響されると遠回りしてしまうのです。

これは私自身、何度も経験したことで、多くの手法やテクニカル分析を学んだけど、実際に直接取引に役立つものは限られたものだけでした。

私の場合は、その寄り道がブログなどの情報発信に役立っていますが、普通の人なら最短で上手な取引ができるようになれるなら、それに越したことはないのではないでしょうか。

是非、欲におぼれず、本質を理解して自分だけの手法を身につけてください。

また、私の手法に賛同された方でも、心から納得して取り組まないとブレてしまうので気を付けてくださいね。

大衆投資家はなぜ勝てない?(失敗しやすい方法)

株価というものは、将来の期待と不安を先取りして動きます。

決算発表の内容が良くても株価が下がったり、良いニュースがでて高値を更新してもそこが天井だったりします。

なぜなら、次の決算は良いだろうとかあの企業は新しい企画で成功するといった情報は、あらかじめ株価に織り込まれているからです。

発表された時点で、期待から現実に代わり、それ以上の材料がなければ、さらに株価が押し上げられることはないでしょう。

なぜなら、そこで買うのは、プロやセミプロ達から株を引き受けるズブの素人なので、その後にそれ以上の価格で買う人がいなくなるからです。

将来上がるだろう銘柄は、人より先に買わなければ大きな利益を得ることができません。

人より先に買うには、企業情報を調べて業績などを予測しなければなりません(みんなと同じ情報から判断するのでよほど先見性のある見方ができなければ優位性はない)。

その予測は、あくまで予測であり期待でしかないのです(機関投資家やヘッジファンドのように、ものすごい資金量と豊富でスピーディーな情報を得る力とそれを処理できる能力があれば別)。

そして、上がるか下がるかを正確に当てるには、業績の良し悪しではなくて、どの銘柄にどのくらいの投資家が期待しているか予測しなければなりません。

つまり、そんなことは分かるわけがないのです。

しかし、多くの個人投資家が多くの高級なデータや指標を使って、こういった”あてもの投資”を行っているのです。

マーケットに参加する投資家の銘柄への期待は、すべてチャートに織り込まれていきます。

あなたが株式投資で再現性のある方法を求めているのなら、まずは”あてもの投資家”を脱却する必要があるのです。

一発必中の手法は天才以外不向き(株の場合)

株の億トレーダーっぽい人の手法で多いのがテクニカル分析を駆使した一発必中のトレードです。

過去のチャートを分析して優位性のあるところでエントリーして、違ったらすぐに損切りし、エントリー方向に動けば、できるだけ伸ばすやり方。

これを聞くと、理論的で合点がいき、あたかも自分にもできそうな気がしますが甘くありません。

確かに、値動きは過去の動きと似たような動きをする場合もありますが、どんな場面でも上がるパターン、下がるパターンが存在するのです。

特に、株の場合はテクニカル分析以外で投資する投資家が多すぎるので、テクニカルが効かず不可解な動きをすることが多々あります。

だから、エントリーポイントの優位性を見つけるだけでなく、損切り位置や利確位置まで、事細かくしっかりと計算した投資システム(手法)を設計して、機械のようなメンタルでトレードする必要があるのです。

難易度が高い理由は、1回2回の売買ではなく、確率が収束するレベルの回数(最低3,000回)のテストでトータルで大幅にプラスにできる投資システムを編み出す必要があることです。

そして、エントリーのバリエーションを増やしたり、移り変わる地合いに合わせて、常に投資システムの調整やアップデートをしていかなければなりません。

最後に、メカニカルトレードでなく裁量トレードであれば、たとえ負け続けていても(最大のドローダウンを計算してなければならない)しっかりと実行できるメンタルが必要なのです。

このやり方は、数字やプログラミングに強く、完全に物事を論理的に考えることができて、新たなアイデアを次々に思いつき、投資にかける情熱が誰よりも強くなければなりません。

こうして、出来上がったやり方は、世界中の天才投資家やAIと競争する性質を持つので、その後も一生争っていかなければ、真に成功することはできないのです。

仮に私がこのやり方で成功したとしても、普通の人におすすめすることはできません。

なぜなら、難易度が高すぎるからです。

スキャルピングが初心者向きでない理由

スキャルピングとは、数分単位でエントリーと決済を繰り返す短期売買で資金が少ない人が好む傾向にあります。

私の場合、いくら資金が少なくてもスキャルピングをおすすめしません。

なぜなら、短期的に大きな資金が流入したり流出するなど、ちょっとした影響で株価が変動するリスクがあることから難易度が高すぎるのです。

大手の投資機関は、個人投資家の行動を分析して、それをアルゴリズム化することによって損が出やすいように価格を動かすのです(個人投資家に損がでるということは相手側が儲かるということ)。

時間軸が短いほどビッグプレイヤーが価格を動かしやすいので、その影響を受けやすいというわけですね。

さらに、一日の変動幅なんてものはたかが知れているのでリスリワード比率を上げるのに限界があります。

株はFXと違って市場が開いている時間が短いし、次の日に持ち越すと大きな変動リスクを負うことになります。

このような環境の中、短時間で的確な判断を強いられることから判断ミスや感情的なエントリーが増えてしまうのです。

もちろん、スキャルピングで稼いでいる人もいますが、これこそ、徹底的に訓練されたほんの一握りの人でしょう。

最低でもスイングトレードでかなり成功している技術力のある人でなければ通用しないでしょう。

私の場合、株式投資で自由な時間を増やしたいというのも一つの目標なので、パソコンの前で値動きを追い続けるやり方はしたくないというのもあります。

もちろん、時間軸が短いので成功すれば短期間で大きく資産を増やすことができる場合もありますが、3,000人に1人生き残れればいい方でしょう。

一般的な能力の人が成功しやすい手法

では、私のように突出した能力もなく、IQも普通程度(脱出ゲームなんか大の苦手)で真面目だけが取り柄な人間は、株式市場とどう向き合えばよいのでしょうか?

まず、普通に考えて再現性があるやり方が必要だと思いました。

いくら、億を稼げる手法を教えてもらっても、実現できなければ絵にかいた餅のようなもの。

しかし、なぜか多くの人がこれを理解できないんですね。

理由は色々ありますが、株式投資の世界に大金が眠っていて、なんとか楽してそれを手に入れたいと考えるからかもしれません。

また、そのように欲に溺れているからだけでなく、再現性があるやり方が存在するという何者かにとって都合の悪い情報がほとんど出回っていないので、発想がそこに向かないのではないか?と思います。

私の経験と検証や研究から、一般的な人でも猛烈な努力をすれば、なんとか成功を収めることができる方法が2つあります。

それは、長期投資と建玉法を取り入れた技術的な売買法の2つです。

長期投資

長期投資の利点は、日々の値動きに左右されないことと、仕掛けが非常に簡単なことです。

基本的には、株価が割安だと思えば買って割高になったら売るだけです。

ただし、株価が実体経済や企業価値と一致しないことから、本来、割高割安という概念はありません。

だから、入り口としては、企業の売上げや成長戦略と関係なく、景況感の悪化だけで暴落した後や不景気のどん底なんかが絶好の投資チャンスとなるので、そこを狙ってみるのも良いでしょう(私も実際に狙いにいきます)。

現物株を持っていれば、売らない限り負けはないので、倒産リスクが限りなく低い企業を割安時に買って、長期保有していれば必ず利ザヤは得られるし、その間、配当も入ってきます。

隠れた成長株の発掘は、難易度が高いですが、すでに優良企業となっている株価が割安になったときに買う方法は、比較的難易度が低いですよ。

デメリットは、いつ上昇してくるのか分からないことなので、不動産のような資産を持つつもりで10年でも20年でも保有していられる企業を選ぶようにします。

また、景気サイクルや企業の設備投資などについて勉強すると役立ちますが、そんなに難しいものではありません。

したがって、一般的な能力の人でも比較的難易度が低いやり方なのです。

長期投資については、バリュー投資ならバフェット、成長株投資ならオニールやミネルヴィニを学べばいいのですが、はじめは難しくてピンとこないと思います。

株式投資というものは、ビジネスにお金を投じることなので、まずはお金やビジネスの概要を知り、その観点から投資の本質を学ぶことからはじめると後々大きな力となります。

もちろん、資金が少なければリターンも少ないので余裕資産が5,000万円以下の人で、積極的な運用を望む人は、次の建玉法を取り入れた売買法が良いと思います。

建玉法を取り入れた売買(うねり取り・ツナギ・サヤ取り)

景況感や企業業績から上がるか下がるかを予測して取引する”あてもの”や天才的な才能と閃きが必要なテクニカルトレード以外で、努力が実り一般的な能力の人が上手くいきやすい方法は建玉法を使った売買です。

直近の値動きを何パターンか分析しながら、有利な位置に買いや売りの玉(ポジション)を建て、それぞれ勝利を収めたところで上手に撤退していくやり方です。

これなら、値動きの基本的なガイダンスを見本として分析し、建玉(ポジションを作ること)の練習をすることで、売買を繰り返すたびに上手になっていくのです。

値動きのパターンを分析して、現実の値動きに合わせて建玉するので違うパターンがきても合わせることができることから再現性があるやり方なのです。

上級者になれば、値動きの読み方は、大体同じレベルになりますが、ポジションの建て方(戦略的分割売買)と資金管理は技術介入の余地が非常に高いのです。

多くの人は、この技術介入の余地があることの有利さに気づかず理解できないのです。

相場で唯一分かっていること

相場で唯一分かっていることは、株の値動きには、上昇か下降かの一方向に動くトレンドを形成する場合があることと、そのトレンドは、いつまで続くのか本当に誰にも分からないことす。

すべての建玉法は、いや、すべての成功しやすい手法は、この前提がカバーできる方法でなければならないのです。

私の手法であるうねり取りの概要

私の手法は、チャートを見て値動きを判断して買い玉と売り玉をバランスよくコントロールさせながら売買していくうねり取りという手法をとっています。

この手法は、現実のチャートの動きからすべてを判断していき、遠い未来の上げ下げを予測することはありません(ただし、中央銀行の判断は意識します)。

また、直接取引に役立つ情報以外は、すべてシャットダウンしています。

例えば、有名なエコノミストの見解やエリート評論家の話は一切考慮してはいけないのです。

自分が手掛ける銘柄の株価が上がるか下がるかなんて、誰にも分からないということを前提にしている売買法なんですね。

具体的なやり方は、まず相場環境を確認します。

相場環境を確認することで、今勝負するべきかどうか判断するのです。

相場環境が把握できたら、直近の値動きを読みます。

値動きを読むといっても、あてものや一発必中の取引をするわけではないので、あるガイダンスを基準にシナリオ想定します。

値動きが想定できたら、有利な位置に分割で玉を建てていきます。

そして、ここが一番の難関ですが、建てた玉をコントロールして実際に利益を生み出す作業をするのです。

この手法は、連続的にうねり(波動)をとることができるので、どこかで区切りをつけて休みを入れます。

では、私の使っているうねり取りを理解できるように、4つのセクションに分けて、もう少し具体的な解説をしていきますね。

相場環境の確認

相場環境を確認するというのは、現在の値位置がエントリーして良い場所かどうかを判断する作業になります。

エントリーポイントを判断するテクニカル指標、例えばローソク足、MACD、RSI、ダウの高値安値がシグナルを発しても相場環境が悪ければ、すべてだましのシグナルになります。

こういったことは、すでにあなたも経験済みだと思いますが。

私の移動平均線の使い方は、オリジナルのものでもなんでもなく、偉大なアナリストであるグランビルの法則を利用したものです。

「なんだよ、グランビルの法則かよ、そんなもの誰でも知ってるよ、、」と思われるかもしれませんが、移動平均線を使っているのにだましばかりに合うって人は、その本質と本当の使い方を知りません。

例えば、グランビルの法則の④⑤は、もっとも難しいエントリーポイントだと、WEB記事や書籍で書かれていますが、本質を理解していない全くの的外れな内容なのです。

グランビルの法則

そして、グランビルの③⑧が絶好の買い場、売り場と語る媒体が少なくありません。

ここのエントリーは、あるポイントを意識しないと、高値掴み・安値売りをしてしまい、プロの投資家の養分になってしまうのですね。

このように、グランビルの法則を軽く考えると大損することに繋がるし、しっかり研究すれば、素晴らしいエントリー環境を教えてくれるのです。

私の移動平均線を使ったトレード戦略につきましては、noteで公開していますので合わせて参考にしていただけると嬉しいです。

もちろん、移動平均線だけでは、うねり取り(他の手法でもそうだが)をマスターできるわけはなく、総合力をつけるための一つの要素だと考えてくださいね。

値動きを読む(想定する)

有利な位置で玉を建てられるようになるには、値動きの特徴をしっかりと理解して、上と下、そしてもみ合いの3つのどの方向へ向かったときでも対処できるようにしておくのがポイントです。

昔の相場師は、大まかな周期性を基本に専門銘柄の動きの特徴を把握していました。

しかし、私の場合は、それに加えてエリオット波動のガイダンスを取り入れることにより、すでに研究しつくされた動きを加えて周期性や専門銘柄の癖を把握するようにしています。

また、従来から説明がつけづらかった個々の変動感覚の礎を解説することができるようになりました。

この変動感覚を身につけるには、エリオット波動を知らなくても、チャートを毎日12時間ほど細かく分析する鍛錬を3年くらい続ければ、ある程度身につけることができるし、私は、しっかりと勉強したことがないのですが、中源建玉法という方法でも大体の玉の入れ方のガイダンスが分かるらしいです。

私は、チャートを毎日12時間ほど分析するのを3年間続けましたが、エリオット波動の分析力までは届きませんでした。

エリオット波動は、ややこしいガイダンスがあり、色々な応用方法を身につけなければ実践で使えないようにも見えますが、そんなことはありません。

基本的に、トレンドと調整の動きのパターン、そして波の大きさを理解すれば戦略を立てることができます。

エリオット波動は、書籍が色々でていますが、私のブログやYouTubeで無料で学ぶことができますので活用していただければと思います。

関連記事エリオット波動が勉強できる記事一覧

Youtube株価の値動き(波動)についての再生リスト

しかし、基本をしっかり覚えても実践に使える本質的な考え方ができなければ役に立たないでしょう(これが多くのエリオット波動を学んだ人が挫折する理由でもあるのですが)。

その本質的な考え方については、noteに書いておきました。

※注意点として、エリオティシャンと呼ばれる分析の専門家はエリオット波動は、1分足ベースから波動を完全に把握しなければならないと言っていますが、それはあくまで一発賭けがメインとなっているからのように見えます。

私の考えは、エリオット波動をいくら綿密に分析しても想定パターンが何パターンもでてくるので一発賭けでなくてもよいのでは?という発想に基づいたやり方です。

そうすると、エリオット波動が何を言いたいのか?その本質に目を向けて、特性のみをうねりどりに活かせば上手くいくのでは?と思ってやってみたところ、これなら変動感覚が乏しい初学者でもできそうだなと実感できました。

仕掛け(エントリーの仕方)

エリオット波動や移動平均線で大体の値動き、相場環境を読むことができれば、波動の有利な位置を予測することができるのですが、この位置は大まかでしかありません。

※エリオット波動を勉強したことがある人は、ピンポイントでエントリーできるよって思うかもしれませんが、それがハズレだった場合は、かなり不利な位置でエントリーしていることになるのです。

また、方向感はあっていたのに少し数え方が間違っていただけで損切りした後、思った方向に進むことも珍しくありません(その乖離を埋めるのが酒田罫線法)。

話を元に戻すと、実際のエントリーは、ローソク足で買い勢力と売り勢力の細かい需給を把握しながら実行することになります。

ローソク足を使った売買法は、形だけにとらわれていたものがほとんどで江戸時代に考案されて米相場で隆盛を極めたその手法を受け継いでいないものがほとんどです。

ローソク足の使い方は、本家の酒田罫線法やそれに基づいた相場の格言を説いている相場三昧伝を加味した実践的なものでなければなりません。

さらに、当時の米相場と現在の株式投資では、ルールや時代背景が違うので、現代版にアップデートしたものでなければ使えないでしょう。

私の書いたnoteでは、ローソク足の本質的な考え方からそれらを使ったオリジナル売買法について解説していますので、勉強書の一つにしていただければと思います。

このnoteを勉強することで、ローソク足に対する誤解が解けローソク足の限界を知り、本来どのようなやり方で使われるのかが分かりますよ。

極めることができれば、プロがポジションを持ちはじめる先行期でのエントリーが可能になります。

実際の利益の出し方

ここまでは、どういった手法でどのように学べばいいのかお話ししましたが、一番難しいのが実際に利益を出し続けることです。

株を買うのは簡単ですが、利益がでたところで上手く利益確定することが一番難しいのです。

それを解決する方法がうねり取りです。

うねり取りは、値動きに合わせて分割で仕掛けながら、買いと売りのポジションを管理することとリスクを押さえながらポジションサイズを大きくして利益を得る手法です。

昔から相場のプロなら誰でも使っていた建玉法の一つです。

また、うねり取りとは呼んではいませんが機関投資家やヘッジファンドが当たり前にやっているやり方でもあります。

現在は、秒速で億トレーダーにならなければならないといった風潮があるので、こういった地味な売買はものすごくウケが悪いです。

しかし、ほとんどの人は、株式投資で利益を出し続けることが簡単でないと頭で分かっていても、手軽に稼げるような論調に騙されたり、権威性ばかり高い人やギャンブル的にまぐれで資産が増やした人の話を熱心に聞いてしまうのです(本当に残念ですが30年以上前の本(アメリカなら100年前の本)にも同じことが書いてあることから昔から大衆投資家は変わらないということです)。

もちろん、そこには再現性はないし一貫性がないので経験として溜まらないのです。

うねり取りは、①地合いの読み方②直近の値動きのパターンの把握③分割売買の仕掛けの技術④建玉法だけを考えて技術の向上に励めばいいので経験値を積むほど上手になっていくのです。

最後に、⑤として①~④までをお金儲けだけでなく技術向上の志を持ってやることで、時代時代でマーケットに現れる投資心理学の教祖(相場ではなく抽象的なメンタルの話で生活している人)の話を聞かなくても欲におぼれてミスをするようなことはありません。

欲望によるミスは、自分を根底から変えないと改善できませんが、単なる建玉のミスは改善できるので⑤を心掛けていれば取引するたびに向上していくのです。

うねり取りの古い教本では、時代とアンマッチして分かりづらいし、現在教えているセミナー講師のほとんどが商業的になり、アマチュア受けが良いテクニカルトレードとごっちゃにして教えている人が多いので非常に分かりづらく感じると思います。

うねり取りのやり方は、本来のうねり取りの本質的な部分を現代の状況や言葉に合わせて、分かりやすく解説しているのと、抽象的な部分は私のやり方を具体的にnoteで解説していますので、事業の一つとしてきちんと利益を出していきたい人に手に取っていただければ嬉しく思います。

うねり取りは、変動感覚を個々に委ねるという初心者にとってのデメリットがありますが、変動感覚のガイダンスとなる情報も合わせて載せてありますので、そこからはじめて段々と自分なりのやり方に変化させていくといいと思います。