FXのライントレードで勝てない理由を解説した記事

FXでライントレードしてるけど勝てない!なぜだろう?過去分析ではよく機能するのに、エントリーするとすり抜けて逆行する!

この記事は、このような悩みを持つFXトレーダー向けに書きました。

結論を言うと、ラインに限らず過去の偉人が編み出した手法は、その本質を理解して使うことができればどれを選んでも安定して勝ち続けるようになります。

もちろん、ライントレードも例外ではありません。

あなたがライントレードで勝てない理由は、トレンドラインの本質を理解していないか、知識を知っていても経験不足で実行できるレベルに達していない可能性があります。

記事を読むことで、ライントレードの本質に触れることができますので、後はその本質をよく考えて経験を積むことで
勝てるようになると確信しておりますので最後までお付き合いいただければと思います。

まずはトレンドラインの特性を深く知れ

ライントレードで勝てない人は、トレンドライン周辺で自分以外の多くのトレーダーがどのような心理でトレードに臨むか理解できていない可能性が高いです。

形だけで判断して、トレンドラインにあたるとサポートされやすいとかチャネルラインに達するとレジンスタンスになるといった判断では、上手くいかないことも多いです。

まず、トレンドラインの最も重要な特性は、トレーダーのコンセンサスが一致するとは限らないことです。

なぜなら、ローソク足にせよバーチャートにせよ四本値のインジケーターは、実体と高値安値のどちらも基準にすることが可能だからです。

これは、どちらが正しい引き方なのかとは関係ありません。

本質は、ズレが生じることでコンセンサスが完全に一致するとは限らないということです。

トレンドラインはトレーダーによってズレが生じる

だから、単純にトレンドラインで止まったかどうかを見るのではなく、実際に多くのトレーダーがポジションを取ってきたかどうかを見極めるようにしなければならないのです。

見極め方は、下位足のダウ転換でも同時間足のローソク足でも、なんでもいいので自分なりの確認方法を身につけることが大事です。

それを見極めてはじめて、自分が正しいと思ったトレンドラインが他の多くのトレーダーも同じように正しいと考えていると判断できるんですね。

もちろん、重要指標の発表や突発的なニュースで、そのコンセンサスが覆ることもあります。

そういうときが損切りとなりますが、確率的には少ないのでライントレードが機能するわけです。

確定と予想を分けて考えろ

トレンドラインは、確定型と予想型に分けることができます。

確定型とは、すでに2つ高値(安値)の点が結べて3点目に到達しそうな時です。

確定型トレンドラインを解説したチャート

こういうときは、実体に引くかヒゲに引くかの問題は残りますが、分かりやすいので他の多くのトレーダーも同じように見ていることが予想できます。

ただし、確定型だからと言って、3点目が確定しているわけではなく他のトレーダーも注目していると推測できるにすぎないことに注意してくださいね。

一方、予想型とはチャネルラインからトレンドラインを推測することによって2点目を予想するパターンです。

予想型トレンドラインをチャートで解説

これは、あくまで予想なので多くのトレーダーに意識されるとは限りません。

とくに、初心者のトレーダーは意識することができないでしょう。

こういうときは、目立ったサポートがないけど上昇トレンドなので、多くのトレーダーがどこか有利な位置で買いたいと思ってる場合に機能しやすいです。

上昇の3波目は、多くのトレーダーが狙う反面、2波が大きく下げやすいのでエントリーのタイミングをうかがっている状態です。

チャネルラインは、下降トレンドの戻り高値から引くので誤差があります(その位置から引くことを知らない人もいるため)。

また、その平行ラインがその後、機能し続けるとも限りません。

なぜなら、3波は足がかりがない状態で引けたラインだったけど、もう少し上昇すれば、チャート上に新しい情報が入ってくるからです。

はじめに引けた平行ラインは、情報の一部になってしまうんですね。

このようにトレンドライン一つとっても、投資家心理を深く追及することで勝手な妄想で線を引くことがなくなるのです。

短期の動きを取りたいなら、直近の波動を優先させてトレンドラインを使い、大きな波動を取りたいなら、チャートを俯瞰してトレンドラインを引く必要があります。

前者は、取れる値幅は小さくなりますが、売買チャンスが多くなり、後者はとれる値幅が大きくなりますが、売買チャンスが減ります。

この2つをごっちゃにすると、買って少し上がったはいいが思ったほど値幅が伸びなかったり、利益確定した後、大きく値幅が伸びたなんてことになってトータルで利益が残りにくい状態になってしまうんですね。

ライントレードは、エントリーポイントが分かりやすく損切りまでの位置が小さいので、初心者でも勝ちやすい手法の一つです。

ただし、投資家心理を考えることができなかったり、チャンスが少ないのでエントリーポイントまで待てない人は勝ち続けることができないでしょう。

私が読んだ中で下記の本は、投資家の動きをチャートから読めるようになったり、明確なチャンスポイントを学ぶことができる優良本でした。

キャンペーン中チャートやテクニカル指標から大衆心理が読める本【送料のみ】

この本を読むことで、今あなたが抱えている問題の大半を解決してトレード能力を飛躍的にアップさせることができますよ。